お仕事を続けるためには、研修こそ大事!?

先輩社員とのコミュニケーション

初めてのバイト、新入社員など初めて社会に出て働くとき、必ず先輩にお仕事を教えてもらいますね。この時に重要なのは、なんといってもコミュニケーションが大事!!はじめのうちは、先輩に教えていただいても、失敗続きです。ですが、教えてもらっているとき、コミュニケーションをとるかとらないかでは、後々の仕事に影響します。とったほうが、仕事も早く覚え、早く自分を雇ってくれた会社に貢献するができます。しかし、とっていないと、仕事を覚えるのも遅く、仕事仲間に迷惑をかけてしまいます。

覚えたことは、メモする

研修の時、覚えたことはたくさんありますよね。皆さんは、一回覚えたことは絶対に忘れないと確信できますか?たいていの人は無理だとおもいます。(まぁ、できる人はいますと思いますが、僕は無理でした。)だから、覚えたことは、ざっくりでいいのでメモすることをお勧めします。最初はめんどくさいと思いますが、やっていくうちにメモする作業にかかる時間を短縮でき、早く仕事を覚え、先輩、上司に褒められ、仕事が楽しくなります。

研修だけで、その仕事を評価しない!

研修の時に習った事だけでその会社を評価することがあります。仕事が多いから「ブラック企業」と呼んでいる人達がいますが、本当にそうなんでしょうか?研修の時に多くの仕事をさせ、「こいつを仕事を途中で放棄しない人なのか」と評価しているかもしれませんよ。どんなにつらくても、研修時期は頑張りましょう。研修が終わった時、やってよかったと必ず思いますので、つらい時は、信頼できる家族、友達に相談してみることをお勧めします。

社員研修は社員の技能を向上させるために必要です。元から持つ技能を向上させるだけでなく、新しい技能を身につけさせることで事業内容の幅を広げられます。車内資源に余裕があれば自由に受講できる制度も有効です。