誰もが読み込んでしまうホームページの作り方~3つのコツ~

ホームページの文章を見やすく編集する

ホームページのメインとなっている記事の文章を、読者目線で見やすく編集することは必要不可欠になります。ホームページは読者を集める必要があるので、必ず自分ではなく、読者視点で文章を書き上げることが何より大切です。読者が集まるホームページにするには、文章に数行の空行を入れることで、文章をブロック化し、読ませる文章から見せる文章に生まれ変わります。これによって読者はホームページを”見る”という認識で、記事を読んでくれるのでストレスを与えない記事になります。

重要キーワードには赤い文字でアピールする

ホームページ内で、どうしても伝えたい言葉があるはずです。それを変哲もない黒文字文章では、読者の心には届きません。しっかり思いを伝えるために、キーワードとなる文章を赤い色でアピールし、読者に『ここが大事だぞ』と訴えかけることが大切です。それを見た読者は、『この赤い部分は重要なんだ』という印象を与えることができ、意味のある記事となります。ただのホームページから、伝えられるものがしっかり伝えられるホームページになります。

読者優先で定期的に更新し続ける

ホームページを作った当初は、どんどん更新することができますが、しばらく時間が経つと不定期更新になってしまいます。これではホームページを作った意味もなく、さらに読者が離れて行くので注意しましょう。読者が集まるということは、ホームページが更新され、新しい記事がアップされることを楽しみにしていたことを示します。だから、読者のことを考え、定期的にホームページを更新すると良いでしょう。また、更新を継続することも求められるので、忘れることがないよう取り組みましょう。これによって読者はずっとホームページを訪問してくれ、さらに新しい読者も集まってきます。

ホームページ制作をして、閲覧数を増やすにはページの質と量を増やさないといけません。そこで、クラウド型CMSを利用してただで自分自身で、閲覧者が迷わないようなページを増やしましょう。