ミスは決して許されない!ネットワーク監視の大変な部分

ちょっとした変化にも対応する事が必要

ネットワーク監視を実施する際にちょっとした変化に関しても、敏感に監視しないといけないです。ちょっとしたネットワークの異常が発生する事で快適にネットワークを使用する事ができなくなる可能性があるんですよね。もしも見逃してしまった場合には、全責任はネットワーク監視を実施しているエンジニアが背負う事になります。その為ちょっとしたネットワークの変化に関しても敏感に感じ取って、トラブルを予め回避する事が必要ですよ。

高い集中力を発揮する事が必要

必ず決まった時間にネットワークの異常が発生する訳ではないんですよね。その為高い集中力を発揮しながら、ネットワーク監視の仕事をしなくてはいけないんですよ。そうする事で何時発生するのか分からないネットワークの異常に対しても、柔軟に対応していく事ができるようになるでしょう。その為比較的他の方よりも高い集中力を発揮する事ができる方は、ネットワーク監視の仕事に向いている可能性があり、戦力として活躍できる可能性が高いですよ。

連携力が重要なネットワーク監視

基本的にネットワーク監視の作業を実施する際に、一人で実施する事はほとんど無いんですよね。一人で実施した方が人件費を安く済ませる事ができるのですが、トラブルが発生した時に迅速な対応を実施する事ができなくなる可能性があるからです。また複数のトラブルが重なってしまった場合には、どんなに優秀なエンジニアでも対処するのが難しいです。そこで連携力を高める事で、万が一の事態が発生した場合でも安心して監視をする事ができるんですよ。

ワイヤーシャークなどパケット解析ソフトを使用すればネットワーク内の通信パケットを調査できます。使い方を知っておけばトラフィックなどのネットワーク監視やトラブル解析にも使えますので非常に便利です。