泣き寝入りしないで!ネットの誹謗中傷対策

それは突然やってきます

見に覚えのない誹謗中傷、困りますよね。火のないところに煙は立たない、なんて言いますが、本当に火がないところに、思わぬ飛び火がやって来てしまう可能性があるのが、インターネットの怖いところです。誰かと誤解しているケースや、たまたま誰かの暇つぶしのターゲットにされてしまったケースなどなど、枚挙に暇がありません。しかし、インターネットが世界に繋がっている以上、誰にでもおかしなことが起こる可能性はあるわけです。

見に覚えのない誹謗中傷を見つけたら?

まずはそれを行なった人の個人情報をなるべく頑張って集めましょう。ホームページならアクセス解析などからIPアドレスなどを控えておきます。もし利用しているサービスで誹謗中傷を受けたなら、サービスの運営者に発信者情報を請求します。誹謗中傷を推奨しているサービスなんてありませんので、書き込みの内容が悪質なものであれば、通常は発信者情報の開示を拒まれることはまずないと思って間違いありません。まずはできるだけ「敵」を知りましょう。

プロバイダに連絡を取る

最終的には個人を特定しないと意味がありませんから、プロバイダに対して情報公開請求をします。プロバイダ責任制限法の発信者情報開示ガイドラインに沿った請求である必要がありますが、不利益を与える全く虚偽の事実が流布された場合などは請求条件に該当します。法律に関する難しい手続きがどうしても嫌なら、今はネット事件を扱う弁護士がたくさんいますから、相談されるのが良いでしょう。最初の相談は大抵の場合は(時間制限付きですが)無料です。

日本最大級の匿名書き込み掲示板である2ちゃんねるではその手軽さから企業、団体、個人などの誹謗中傷が数多く書き込まれています。2ちゃんねる削除削除の依頼ができる企業もあります。