特定のネット経済圏で使える仮想通貨であるビットコイン

様々なサービスで使えるビットコイン

ここ数年でビットコインが話題になることが増えています。ビットコインは特定の運営会社のサービスで使える仮想通貨となっています。利用者は通常の現金からビットコインを購入することができます。その後、仮想通貨を使ってネット経由でいろいろな買い物が可能となったり、各種の金融サービスを受けることができるようになってきます。今後においては、運営会社と提携する企業が増えていくにしたがって、さらに仮想通貨の利便性が上がっていくことが予想されます。

相場で価値が変動するビットコイン

ビットコインの特徴としては、現実の株式市場と同様に相場が存在しており、価値が変動することが挙げられます。そのため、通貨としての利便性が上がっていくなどの要因で、価値は上昇していくことがあり得ます。したがって、現在は仮想通貨を投資対象とみなす動きも出てきています。今後は通貨を使用できる店舗などが増えていくことで、通貨の価値も上昇していくことが期待できるからです。しかし、投資を行う運営会社は、信用できるところを選ぶことが重要となっています。

ビットコインの将来像

現在、ビットコインの運営会社では、それぞれに独立をしてサービスが提供されています。しかし、今後は運営会社の提携が進む可能性があります。各社の通貨をどの運営会社でも使えるようにして、ユーザーの利便性を高めることが想定されます。このように仮想通貨が統一されていくと、現在の銀行が行っている業務はネット上で行えるようになる可能性が出てきます。フィンテックの進歩によって、個人間などの貸し借りができるようになるからです。

ビットコインは、管理者や発行者が存在しないため、通貨としての価値が保証されていないことが注意すべき点です。